ナッツダイエット、ナッツはダイエットに最適だと林修の初耳学で紹介されました。ナッツを間食に食べると夕食のときに血糖値の上昇を抑えてくれるそうです。太る原因は、カロリーよりも血糖値の急上昇。その血糖値の急上昇を抑えるのが間食のナッツだという。

 

食事を摂ると血糖値が上昇、インスリンが分泌され太りやすくなる。インスリンは、脂肪を体内に蓄える働きもあるため太りやすくなってしまうという。血糖値の急上昇をおさえるのが、間食のナッツ。ナッツは糖質が10%と少ないので血糖値が急激には上がらないのだそうです。

 

スポンサードリンク

 

また、クルミにあるオメガ3脂肪酸とアーモンドのオレイン酸は太る油ではないためダイエットに最適だといわれているそうです。

 

ナッツを食べるときのポイント

●ミックスナッツがおススメ。
美肌効果・デトックス効果のあるナッツも入っているため、ダイエット効果だけでなく様々な効果が期待できるのだという。
●1日28gを昼食前夕食前にわけて食べる。

 


おやつOK!お酒OK!なのにヤセる!ナッツダイエット [ 白澤卓二 ]

 

ピーナッツはナッツじゃない!!

ナッツは、木の実ですが、ピーナッツ(落花生)は、豆なんだそうです。ピーナッツのピーは、豆の意味なのだそうです。確かに、ピーナッツは木になりませんよね。

 

ナッツは、小腹がすいたときや、おやつに食べると、腹持ちがよく満足感を得ることができるのでダイエットに効果的なんですね。アーモンドは、血糖値を下げて食欲を抑えてくれるそうです。まさに、ダイエットの味方ですね。

 

ナッツは、メタボ・肥満の危険度を低下させる効果があるとのこと。間食はやめられないと言う人にとっては、お菓子をナッツに変えるだけなので、間食はやめなくていいということになるので、ダイエット中にはいいですね。ただ、やっぱりカロリーは、高いので食べ過ぎには気をつけたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です