カテゴリー: 健康

フレーバー緑茶中性脂肪を抑えるしそ緑茶の作り方ためしてガッテン!

フレーバー緑茶や中性脂肪を抑えるしそ緑茶の作り方エスプレッソ氷水出し緑茶の作り方もためしてガッテン!「夏こそ!スーパー緑茶 新カテキンで免疫力が復活!」で紹介されました。

 

いま世界中で大ブームになっている「フレーバー緑茶」や、中性脂肪を抑える新しい「しそ緑茶」が簡単に家庭で作れるのは嬉しいですね。

 

(さらに…)

スーパー緑茶で免疫力が復活氷水出し緑茶の作り方ためしてガッテン!

スーパー緑茶で免疫力が復活するという「氷水出し緑茶」の作り方がためしてガッテン!「夏こそ!スーパー緑茶 新カテキンで免疫力が復活!」で紹介されました。緑茶は、日本伝統の飲み物ですが、最近ではペットボトルの緑茶を飲むと言う人も多いのでは。

 

ところが、「スーパー緑茶」なら、うまみが5割多いだけでなく、 新成分「エピガロカテキン」で免疫力が復活するというのです。しかも、カフェインがほとんどないので、 子どもや寝る前でもごくごく飲めるとのこと。ペットボトルのお茶を買うより断然お得だというのです。

 

(さらに…)

糖尿病を食べて改善する方法水溶性食物繊維と食べる順番で腸内細菌を増やすためしてガッテン!

糖尿病を食べて改善する方法、水溶性食物繊維と食べる順番で腸内細菌を増やして血糖値が下がりやすい体質なると、ためしてガッテン!で紹介しました。今までの糖尿病の改善方法は、「運動・薬・食事制限」でしたが、今回の「食べて改善」する方法が食事制限が無いと言うことでしたので、糖尿病患者さんにとっては、夢のような改善方法なのではないでしょうか。

 

大腸には、インスリンを出せという指令を出すインスリン注射システムがあるという。最新の研究で、腸内細菌の中に、糖尿病を改善させるすごいパワーを持ったものがいることがわかってきたと言う。

 

(さらに…)

胃がん名医の予防ごはんレシピウルトラにんにくオイルじゃが芋と玉ねぎのスープ10分緑茶キューブ白熱ライブビビット

胃がん名医の予防ごはんレシピ、ウルトラにんにくオイル、じゃが芋と玉ねぎのスープ、トマトの冷製パスタ、鮭と緑黄色野菜のにんにくヨーグルトソースがけ、10分緑茶キューブの作り方が白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはん」で紹介されました。

 

日本人が一番発生しやすいがん「胃がん」。胃がんは食事習慣を変えるとリスクを下げることができるそうです。胃がん予防最強の食材は、「ニンニク」と言われているそうです。

 

(さらに…)

半身浴はダイエット効果なし美容デトックスリラックス効果もない林先生の初耳学

半身浴は、ダイエット効果なし、美容&デトックス効果もリラックス効果もないと林先生の初耳学で足立梨花さんが出題した半身浴のショックな事実が紹介されました。現代女性は、平均で34分もお風呂に入るという。

 

女性に人気の半身浴は意味が無いとことが研究で証明されているということに、林先生は理由がわからなくて初耳学に認定されました。半身浴ではダイエット、デトックス、リラックスが期待されているが、ダイエット効果については、消費するカロリーの低さと排出される老廃物の少なさなにあるという。

 

(さらに…)

糖尿病予防ごはんレシピ噛む噛むシリアルヨーグルト新ゴボウの噛む噛むスパゲティこんにゃく入り大豆の噛む噛むご飯さばの噛む噛むレンコンハンバーグこんにゃくの噛む噛むくずきり白熱ライブ日ビット

糖尿病予防ごはんレシピ、噛む噛むシリアルヨーグルト、新ゴボウの噛む噛むスパゲティ、こんにゃく入り大豆の噛む噛むご飯、さばの噛む噛むレンコンハンバーグ、さらに、デザートのこんにゃくの噛む噛むくずきりの作り方をかたやま内科クリニック院長・片山隆司先生と料理研究家の小山浩子さんのコラボ企画、白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはんレシピ」で紹介しました。

 

女性に急増!5人に1人が患う糖尿病を予防・医者が考えた身体に良い最強レシピとは!?生活習慣病の中でも最も深刻な病といわれる「糖尿病」。ひとたび発症すると治癒することはなく、放置すると神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり透析治療が必要となることがあるそうです。そんな「糖尿病」予防に効果が期待される“おいしくて体にいいレシピ”となっているそうです。

 

(さらに…)

1日1分KOBA式体幹トレーニング肩こり改善便秘解消腰痛改善木場克己世界一受けたい授業

1日1分KOBA式体幹トレーニングで肩こり改善、便秘解消、腰痛改善できる体幹トレーニングを木場克己さんが、世界一受けたい授業「1日1分で身体の不調が改善!超簡単体幹トレーニング」で紹介しました。

 

社会人100人に聞いたからだの不調トップ5

第1位 肩こり
第2位 腰痛
第3位 頭痛
第4位 冷え
第5位 むくみ

 

(さらに…)

カビ掃除法梅雨に忍び寄るカビ汚染人体を襲う危険なカビ矢口貴志世界一受けたい授業

カビ掃除法、梅雨に忍び寄るカビ汚染!人体を襲う危険なカビ!について千葉大学の矢口貴志先生が世界一受けたい授業で紹介しました。子ども、お母さん、お年より、世代別の危険なカビを徹底調査!子どもが使う○○はカビの温床!?意外なカビ対策法やカビが多く生息している場所トップ3が紹介されました。

 

カビが多く生息している場所トップ3

第1位 水道口
第2位 洗濯機
第3位 受話器を置く所

 

(さらに…)

老化防止のための7色の野菜

老化防止のためには、7色の野菜を毎日食べるといいそうです。健康のためには、食生活に気をつかうことが大事ですが、中でも野菜は、メタボ予防や生活習慣病の予防だけでなく、代謝を良くして体内のはたらきを活性化させるためにも、ダイエットにも重要な栄養源です。からだにいい食べ方をしたいですね。

 

厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は“1日350g以上”。でも、ただたくさん食べればいいというのもではないそうです。最新の医学や栄養学の研究から、色とりどりの野菜がからだの老化防止に役立つことがわかってきたそうです。

 

(さらに…)

花粉症皮膚炎は化粧が原因症状と予防法メーク落とし法あさイチ

花粉症皮膚炎は、化粧が原因!?症状と予防法とメーク落とし法をあさイチで紹介しました。最近、花粉症は肌にも症状が出ることが知られてきました。まぶたが赤くなったり、カサカサしたりしたり、かゆくなったり・・・。私もその一人です。目頭がかゆくなったり、頬がかゆくなり、ひどいと炎症を起こす時がありました。

 

特に女性の場合、化粧落としなどで肌のバリア機能を傷めることがあるため、花粉症皮膚炎になる人が多いと言われているそうです。また、肌が敏感な人や乾燥しやすい人、アトピー性皮膚炎の人も注意が必要だと言うことでした。

 

(さらに…)