チーズガレットレシピサラダチキンで約10分時短食べる認知症予防

料理レシピ
スポンサーリンク

チーズガレットレシピ、超時短レシピのカギは、サラダチキンで約10分時短になるということです。

おまけに、チーズガレットの調理方法なら食べるだけで認知症予防にもなるそうです。

食材の処理が面倒なガレットですが、サラダチキンを使えば約10分で作れると教えてくれたのは、バズレシピ研究科のリュウジさんです。

ガレットと聞くとデパ地下で売っているイメージで家庭料理って感じじゃあないですよね。

お洒落な料理で外食で楽しむレシピって感じですね。

チーズガレットのレシピは、ジャガイモをサラダチキンに変えると調理時間が約20分かかるところ約10分で作れるということです。

 

スポンサーリンク

チーズガレットレシピ

 

<材料>

サラダチキン  110g
ピザチーズ    80g
黒胡椒     少々
片栗粉     小さじ1
油       小さじ1

 

<作り方>

1.耐熱ボールにサラダチキンを手で小さく裂く
2.ピザチーズ・片栗粉を入れて混ぜる
3.油をひいたフライパンに広げて焼き、ヘラで押し付けながら焼き目をつける
4.ひっくり返して焼き目をつける
5.お皿に盛りつけて塩胡椒を振りかけて完成。

 

ガレットとは

 

ガレットとは、丸く焼いた料理を指すフランス料理の名称。

じゃがいもを細切りにして円形に焼いた料理が有名です。

 

チーズガレットの健康効果

 

チーズガレットの健康効果としては、ものすごく美味しいのに、ジャガイモで作るより糖質が少なく、ガレットにしてはヘルシーです。

時短テクニックの一つとして、サラダチキンは手で裂くとレシピでは書きましたが、パックのままグニグニつぶすとチキンが裂けて手を汚さずに調理できるそうですよ。

リュウジさん曰く、「包丁もいらないし、ボールとフライパンだけで作れるチーズガレット」なんだそうです。

調理の時短ならぬ、片付けの時短にもなりますね。

チーズガレットは、すごく美味しくてもちもち感と言うか弾力が良くて食べ応えがあって、だけどヘルシーだから罪悪感なく食べれるのが嬉しいよねと言うことでした。

 

サラダチキンの栄養効果認知症予防

 

サラダチキンを食べると脳の老化と認知症予防になるそうです。

サラダチキンは、鶏の胸肉でイミダゾールジペプチドという成分が含まれていて、国立の研究機関で、高齢者の人にイミダゾールジペプチドを摂取し続けると数か月たった時に脳の萎縮、特に前頭葉・前頭前野と言うところの物事を考えたりするところの中枢の萎縮を抑えることができるとのことです。

かつ、イミダゾールジペプチドを定期的に摂取させると脳の血管の炎症を抑えて結果として脳の記憶力もよくするというデータもあるという。

特に高齢者の方、認知症を心配されている方に非常におすすめな食材なのだそうです。

煮たり焼いたりすると下に煮汁が出てしまいます。

すると、煮汁にイミダゾールジペプチドも溶け出してしまうので、煮た時は汁まで飲まなければならないが、チーズガレットなら全部ほとんど吸収できる非常に良い料理方法だというのです。

 

イミダゾールジペプチドを摂取  → 記憶に関連する脳の萎縮を制御
脳の血管の炎症も制御      → 加齢で低下する記憶力を改善
煮る・焼く調理方法で出る煮汁  → 成分が一緒に溶け出す

 

 

 

チーズガレットレシピサラダチキンで約10分時短食べる認知症予防のまとめ

 

チーズガレットレシピサラダチキンで約10分時短食べる認知症予防は、ホンマでっかTVで紹介されたレシピと時短食材に使用したサラダチキンに認知症予防効果があるという紹介でした。

サラダチキンを使うことで、調理時間が本来の半分の時間で作れるうえにイミダゾールジペプチドという成分が認知症予防効果にもなるという健康的なレシピでした。

高齢者の方には特におすすめのレシピだということなので、我が家でも是非作ってみたいと思います。

 

 

&nsp;

タイトルとURLをコピーしました