冷凍することで調理が楽になる冷凍庫学で学ぶ時短テクが林修の今でしょ講座で紹介されました。正しい冷凍方法や解凍方法を知っていれば、冷凍することで調理が楽になりさらに味もよくなる食材があるというのです。

 

トマトも冷凍すれば皮が一瞬でむけるなど冷凍術を教えてくれたのが、東京海洋大学教授の鈴木徹先生です。豚の角煮も飴色タマネギも時短レシピになるそうです。

 

スポンサードリンク

 

トマトの皮むきが一瞬でむける!

面倒なトマトの皮むきが、冷凍すれば一瞬で剥ける。凍ったまま調理できる。サイコロ状に切るのも簡単に出来るという。冷凍トマトはサラダには向かない。

<正しい冷凍法>
トマトを丸ごとラップに包み密閉式ビニール袋に入れて冷凍庫へ。

<正しい解凍法>
水洗い解凍・・・冷凍トマトを水に10秒間浸ける。トマトを水から出したら後は手で簡単に剥ける。

 

4時間かかる角煮が80分!

豚の角煮を作る時、約4時間もの間煮こまなくてはならない。しかし豚肉を凍らせるだけで角煮が80分でできる。冷凍することで味が染み込みやすく、豚肉も柔らかくなる。

<正しい冷凍法>
下味冷凍・・・醤油・酒・ミリンなどを入れた密閉式保存袋に豚肉を入れて冷凍。

<正しい解凍法>
凍ったまま鍋に入れて煮込む。圧力鍋に入れてもOK。

 


おいしい!冷凍保存レシピ [ 宮本千夏 ]

 

飴色タマネギが5分!

飴色タマネギを作るには、約1時間も炒めなければならないが、タマネギを冷凍すれば炒める時間はたった5分になる。タマネギは、90%が水分。水分を早く抜くためには、冷凍して細胞を壊して水分を出やすくするといいそうです。温度を上げ過ぎると焦げるので弱火で炒める。飴色玉ねぎをすばやく作れば、ハンバーグやカレーの時短にもなる!!

<正しい冷凍法>
玉ねぎは特に乾燥しやすいので冷凍する際はラップをすることが重要。丸ごとでもスライスでもOK。

<正しい解凍法>
丸ごとでも、数分おけば切れるようになるので、みじん切りなどにして炒める。

 

我が家では、豚の角煮は、圧力鍋と保温鍋で楽チンほったらかし調理で美味しく柔らかく頂いていますが、どうしても味を染みこませるのにというか、タレを煮詰めるのに時間がかかってしまいます。味付け冷凍してからやってみたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です