ゼロトレ、1日5分のストレッチでぽっこり下っ腹がダイエットできると梅ズバ!で紹介しました。1日5分のストレッチをするだけで、下っ腹が劇的にサイズダウンするという「ゼロトレ」。

 

ゼロトレは、異例の80万部を売り上げ、話題のダイエット本となっています。考案者は石村友見先生、5年前に出産している1児の母だが抜群のプロポーションをキープしています。ぽっこりお腹を改善する、今すぐできる3つのストレッチを梅沢富美男のズバッと聞きます!で教えてくれました。

 

スポンサードリンク

 

ゼロトレでは、ストレッチをして本来の位置に戻して、きれいな姿勢を作るそうです。姿勢が悪いと体全体のバランスが悪くなり 内臓が垂れ下がり、結果、お腹がポッコリと膨らんでしまうそうです。

 

ゼロトレのやり方

<用意な物>
・バスタオル3枚
・分厚めの本5冊

<基本姿勢>
1.本を3冊、2冊に分けて並べ、階段状に段差を作ります。
2.バスタオル3枚を重ねてから筒状に丸めます。
3.丸めたバスタオルを本の上に縦長にして置きます。

重力のおかげで寝ているだけで肩が床の方に落ちていき、胸が広がり、巻き型の肩が正しい位置に戻る。

 

●基本となる呼吸法「ゼロトレ呼吸」

まずはゼロトレの基本となる呼吸法です。

1.丸めたタオルの上にあおむけに寝てひざを立てます。タオルに寝る時は、タオルの前にお尻をつけて座り、ゆっくり横になります。
2.鼻から3秒かけて息を吸い、口から7秒かけてゆっくり「はぁー」と吐きます。

肋骨は、胸の横の硬いところで、息を吸うと左右に横に広がり、吐くと内側に閉じていく部分。

<ポイント>
息を吸うときは肋骨を風船のように広げ、吐くときは風船がしぼんでいくようにギューッと閉じるイメージで行う。この肋骨の動きがよいと、ウエストがどんどん絞れてくるそうです。呼吸を「ふぅー」っと言いながら吐くと、首や肩に力が入ってしまうので息を吐くときは、必ず「はぁー」と言いながら肋骨を意識。

 

今すぐできる3つのストレッチ

1.上半身を緩めるエクササイズ

①基本の姿勢になる。
②鼻から3秒息を吸いながら両腕を上げる。
③口から「はぁー」と息を吐きながら7秒かけて両腕を回す。
<ポイント>肘・手の甲が床につくように下ろす
④1日3セット行う

 

2.下半身を緩めるエクササイズ

①本を外して丸めたタオルをお尻の下に置き両膝を抱え込む。
②鼻から3秒息を吸いながら左膝を左肩の方へ抱え込む。
③7秒かけて口から息を吐きながら右足を上に伸ばしゆっくり下ろす。
④1日左右2セット行う。

 

3.下っ腹を引き締めるエクササイズ

上2つのストレッチで正しい位置に戻した肩や腰を定着させるストレッチです。
①タオルを使わずに仰向けになる。
②両手をおへその3~5cm下に当てる。
③7秒かけて息を吐き切ったら、わざと2回咳をする。⇒ 咳をすることで腹筋が硬くなります。
④咳で硬くなった腹筋をしっかりキープしたまま3秒かけて鼻から息を吸う。
⑤7秒かけて口から息を吐く。
⑥合計5セット行う。

<ポイント>
息を吐くとき、腹筋の硬い部分がどんどん床に近づいていくイメージでやるのが効果的。
この引き締める「ゼロトレ」は、一度感覚さえつかめば、寝ながらだけでなく、オフィスで仕事しながらや歩きながらなど、どこでもやることができる。

 

 

◆◆ゼロトレ 羽が生えたように軽くなる / 石村友見/著 / サンマーク出版

 

芸能人が話題ダイエットで衝撃結果

清水よし子さん(60歳)

ウエスト 96cm ⇒ 83cm  -13cmのサイズダウン
体重  63.4kg  ⇒ 57.85kg  -5.55kgのダイエット

 

井上咲楽さん(19歳)

ウエスト 76cm ⇒ 59cm   -17cmのサイズダウン
体重   47kg  ⇒  42.75kg  -4.25kgのダイエット

 

西村知美さん(48歳)

ウエスト 78cm  ⇒  62cm  -16cmのサイズダウン
体重  45.25kg ⇒  41.05kg  -4.2kgのダイエット

 

話題の「ゼロトレ」は、暴飲暴食をしない限り食事制限はないという。たった2週間でぽっこり下っ腹がダイエット出きるなんて、画期的なダイエット方法だと思いました。

 

年齢を重ねると、ダイエットしにくいだけでなく、下っ腹もぽっこり出てしまいなかなか取れない贅肉です。でも、「ゼロトレ」なら、無理なく1日5分でしかも短期でぽっこりお腹がダイエットできるのは嬉しいですね。やってみたいダイエット方法でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です