動脈硬化を予防する食べ物はトマト特にジュースで飲むべし

生活・暮らし・節約術
スポンサーリンク

動脈硬化を予防する食べ物はトマト特にジュースで飲むべし。

今回の世界一受けたい授業では、「はたらく細胞blackのアニメで学ぶ病気の仕組み」と題して、動脈硬化に良い食べ物が紹介されました。

はたらく細胞blackのアニメと合わせて、動脈硬化が起こるとどうなるかなどが紹介されました。

発行数約680万部の大ベストセラー、「はたらく細胞シリーズ」は、子どもだけじゃなく大人にも面白い学べる漫画です。

世界一受けたい授業の情報と合わせて、動脈硬化とストレスとの関係、動脈硬化を予防する食べ物やエスクレオサイドAを効果的に摂取する方法など調べてみしました。

 

スポンサーリンク

動脈硬化とストレス

 

ストレスを抱えすぎると、動脈硬化が起きて脳梗塞になることもあるということです。

過剰なストレスが続くことで、交感神経が優位に立ち、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

ストレスによって、血液や血管にダメージを与え、血栓ができやすくなってしまいます。

ストレスは、血圧を上げて血管に負担をかけ、活性酸素を発生させます。

活性酸素は、血液中の悪玉コレステロールを酸化させ、動脈硬化をひき起こす原因をつくります。

この時、体の中で起きていることは、ストレスによって悪玉コレステロールが酸化すると動脈硬化が起き血管壁にコブができます。

 

動脈硬化とは?

動脈硬化とは、血管の内側にコレステロールなどが蓄積して血管が狭くて硬くなり、血液の流れが悪くなった状態をいいます。

脳への血流を担保する血管にコブができると、血管が塞がり血液が通らなくなり脳梗塞が起こります。

どうすれば動脈硬化を防ぐことが出来るのか?

 

動脈硬化を予防する食べ物とは

 

ある食材を食べると、動脈硬化を引き起こすと言われている酸化した悪玉コレステロールの値が低下したという。

いったいある食材とは何?

動脈硬化を予防する食べ物はトマトです。

トマトに含まれるエスクレオサイドAと言う成分が、コレステロールの吸収を抑え、血管に脂肪を付きにくくすることが近年分かってきたということです。

このエスクレオサイドAと言う成分は、トマトにのみ確認されている成分なのだそうです。

トマトに含まれるエスクレオサイドAは、マウスを用いた研究において動脈硬化部位の減少が報告されている成分だということです。

エスクレオサイドAって、初めて聞きました。

トマトと言えば、リコピンですものね。

トマトは、医師達の健康維持食材第1位にもなっていますね。

健康維持のためにトマトを毎日生食したいところです。

コレステロールが溜まると、コレステロールを下げるお薬が処方されますが、このお薬は診断される前に事前に飲むことは出来ないそうです。

そこで、前もってコレステロールを溜めないためにも、コレステロールの吸収を抑えるトマトを生で食べたいですね。

 

エスクレオサイドAを効果的に摂る方法

 

エスクレオサイドAは、トマトとミニトマト両方ともに含まれている新機能性分だということです。

エスクレオサイドAは、1日にミニトマト3粒を目安に食べるだけで十分な効果が期待できるとのことです。

ただ、トマトは、熱に弱いので、生で食べたり、トマトジュースで飲むのがおススメだということです。

また、加熱する時は、グツグツ煮込むのではなく仕上げにサッと熱を通すのがポイントです。

 

エスクレオサイドAとは?

サポニンの一種で、コレステロールを血管の内側に溜まるのを抑えてくれる効果がある。

 

動脈硬化を予防する食べ物はトマト特にジュースで飲むべしのまとめ

 

動脈硬化を予防する食べ物はトマト特にジュースで飲むべし。

トマトに含まれるエスクレオサイドAと言う成分には、コレステロールの吸収を抑える効果があるそうです。

このエスクレオサイドAは、赤い色のリコピンと違って色は無色なので、知られていなかったのですが、2003年に熊本大学の藤原さんによって発見されたとのことでした。

エスクレオサイドAは、熱に弱いので、生食がおススメだと言うことです。

ミニトマト3個くらいなら食べれなそうな気がします。

コレステロールが血管に蓄積される前にトマトを生で食べて予防したいですね。

なたらく細胞シリーズでは、細胞たちを擬人化しているので面白くて、からだの仕組みが学べる漫画なので、家族と一緒に見ても楽しめる作品だと思いました。

そして、はたらく細胞シリーズを見て、生活習慣を見直すきっかけにもなっていると言う方もおられるようです。

我が家でも、生活習慣の見直しができるようにしたいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました