免疫力はフルーツでアップできる!夏風邪対策はバナナと組み合わせ食材で

生活・暮らし・節約術
スポンサーリンク

免疫力はフルーツでアップできる!夏風邪対策はバナナと組み合わせ食材でについて紹介します。

免疫力を上げる方法はいくつかありますが、その中のフルーツを食べるという方法です。

フルーツには、免疫力を上げる効果を期待できる栄養素が多く含まれているのです。

2020年、バナナを食べると免疫力アップが期待できるという最新研究が発表されたそうです。

そもそも免疫力とは、ウイルスや細菌のような有害物質から身体を守ってくれる機能のことです。

免疫力がアップできるフルーツには、細胞を傷つける活性酸素を抑制する抗酸化作用のある栄養素、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群、β-カロテンなどのビタミンA群、ポリフェノールなどが多く含まれています。

スポンサーリンク

免疫力がアップし夏風邪対策が期待できるフルーツは?

2020年、バナナ・リンゴ・パインのどれかを食べると免疫力アップが期待できるという最新研究が発表されたそうです。

免疫力がアップすれば、有害なウイルスや細菌から身を守れて夏風邪対策になるというわけです。

林修の今でしょ講座では、「バナナVSリンゴVSパイン」最強フルーツ№1決定戦 が行われました。

まずは、その結果からです。

寒暖差が激しい今食べるべき、免疫力がUPし夏風邪対策が期待できるフルーツは、

1位 バナナ
2位 リンゴ
3位 パイナップル

という順番でした。

「バナナ」の決め手は、マグネシウム‼

バナナを食べると、血中のマグネシウムが増加して免疫力アップが期待できるとのこと。

バナナには、奇跡のミネラルというマグネシウムが豊富に含まています。

2020年に行われた最新研究によると、1日120g(1本分)のバナナを毎日1カ月食べる事で、食べなかった人に比べて血中のマグネシウムがアップしたという結果が発表されています。

免疫力アップのためのバナナとの組み合わせ食材は?

バナナを食べるタイミングは、いつでも大丈夫だということです。

バナナと一緒に食べて、マグネシウムを効率よく摂取できる組み合わせは?

バナナをデザートで食べるとしたら、卵が良い組み合わせだということです。

卵に含まれているビタミンDがマグネシウムの吸収率をアップするそうです。

朝食なら、目玉焼きとか昼食なら親子丼とかオムレツなど卵を使った料理を食べた後にデザートとしてバナナを食べるということです。

パンケーキなどにバナナを添える組み合わせの場合のポイントは、はちみつをかけること。

はちみつに含まれるオリゴ糖が、マグネシウムの吸収率がアップするので、パンケーキ、はちみつ、バナナは理にかなっている組み合わせだということです。

さらに、バナナに含まれているでんぷんは、免疫細胞が集まる腸内環境を改善してくれる働きもあるので、マグネシウム×でんぷんのダブルのパワーで免疫力アップが期待できるということです。

バナナジュースにしても摂れる栄養素は変わらないのでジュースでもOKとのことでした。

バナナジュースの作り方

<材料>(1人分)
バナナ  小さめ1本(50g)
牛乳   120cc
はちみつ 大さじ1

<作り方>
ミキサーに、皮をむいたバナナ、牛乳、はちみつを入れて混ぜ合わせるだけです。
※はちみつはお好みで!牛乳の代わりに豆乳でも。

バナナに含まれるマグネシウムの㊙パワー

バナナを食べると、増える血中のマグネシウムはウイルスと戦う免疫細胞を作ります。

骨を作るには、カルシウムが必要です。

それと同じように、免疫細胞を作るには、マグネシウムが必要と言うわけです。

そして、マグネシウムが不足すると免疫細胞が正しく働らかないということが分かっているとのことです。

日本人のマグネシウム摂取量は、ほとんどの年代で慢性的に不足しているそうです。

特に、若い人の間では深刻化しているそうです。

夏場に汗をかくと体内のマグネシウムは、汗と一緒に流れ出てしまうので、汗をかきやすい夏には特にマグネシウムが必要だということです。

実は、他の果物にもマグネシウムは含まれていますが、一般的な果物の中に含まれているマグネシウムはバナナがトップクラスなのだそうです。

さらに、黄色いバナナより、シュガースポット(茶色い斑点)のある熟したバナナの方が免疫活性作用が強いと言われています。

ちなみに、パインやいちじく、キウイ、いちご、メロン、すいか、みかん、もも、りんごなどにもマグネシウムは含まれています。

フルーツ以外だと、ひじき(海藻類)、そばなどにマグネシウムは豊富に含まれているとの事ですが、やっぱりバナナの方が皮をむくだけで食べられるので、マグネシウムの給源としては優れた食材だということです。

免疫力はフルーツでアップできる!夏風邪対策はバナナと組み合わせ食材でのまとめ

免疫力はフルーツでアップできるのです。

特に、夏風邪対策になる免疫力がアップするフルーツが、バナナと言うことです。

バナナと組み合わせることで、マグネシウムを効率よく摂取できる組み合わせ食材は卵料理です。

卵料理のデザートでバナナを食べると、卵に含まれているビタミンDがマグネシウムの吸収率をアップするということでした。

暑い夏に免疫力をフルーツのバナナでアップするというのは、とっても簡単でお手軽な方法ですよね。

最近では、フルーツも食べることが減ってきているのでこれを機にフルーツも食べるようにしたいです。

タイトルとURLをコピーしました