ワンタッチテントのたたみ方ってどうするんだっけ?コツを押えれば簡単

季節のイベント・行事
スポンサーリンク

おウチキャンプやキャンプ場などで、ワンタッチテントって一発で開いて簡単で便利ですよね。

我が家でも、もちろん持っていて、たま~に活躍するワンタッチテントなんですが、一瞬で広がって感動するのはいいのですが、いざ撤収となるとたためない!!

ワンタッチテントのたたみ方ってどうするんだっけ?って思ったことはないですか?

でも、コツを押さえれば簡単に一人でもたためるようになります。

ワンタッチテントがたためないたたみ方ってどうするんだっけ?を解消するワンタッチテントのたたみ方のコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

ワンタッチテントがたためないたたみ方ってどうするんだっけ?

 

ワンタッチテントって、簡単に一瞬で開いて設置できるテントなので購入しました。

しかも、何と言っても、ペグ打ちしなくても立てられのも魅力でした。

でも、強風には弱いんですけどね。

その時は、ペグダウンしてロープを張れば強風にも耐えられます。

試しにおウチの中で開いてみると、キャンプの知識のない主婦の私でも一瞬で開いて設置できたのです。

子どもと、ゴロゴロしたり、出たり入ったり遊んで、気分はおウチキャンプそのものでした。

しばらく遊んで、ワンタッチテントだからしまうのも簡単なのかと思ったのですが、ワンタッチテントがなかなかたためないのです。

説明書を読んでも、どんなにしてもワンタッチテントがたためない!!

やっとの思いで、ワンタッチテントをしまったのですが、しばらくしてから実際に外で使う機会がありました。

もちろん、一瞬で簡単にワンタッチテントが設置できました。

ところが、いざ撤収しようと思ったら、ワンタッチテントのたたみ方ってどうするんだっけ?と、またまたテントがたためないのです。

あっちをひねったり、こっちをひねったり、変な方向に曲がらないように気を付けながら数十分格闘したのち、なんとなくくるんと丸まって収まりました。

ワンタッチテントって確かに広げるのは簡単だけど、しまうのにてこずる人がかなりいるとのこと。

なんでも、コツさえつかんでしまえば、ものの数秒でたたむことができるというのです。

 

ワンタッチテントのたたみ方のコツ

 

実は、ワンタッチテントのたたみ方にはコツがいるというのです。

ワンタッチテントの種類は豊富にありますが、コツさえつかめばたたみ方は基本的にどんなテントも一緒なんだそうです。

 

ワンタッチテントのたたみ方

1.ワンタッチテントの左右のフレームを持って半分に折ります。
2.ワイヤーがねじれていないか確認します。
3.もし、捻れていたらワイヤーを引っ張ってピンッと真っ直ぐに伸ばします。
4.テントを寝かせてはみ出した生地をテントの内側に入れ込みます。
5.テントの下部を足で押さえておいて、テント上部を持って手前に折り込むように丸めます。(コツ:ワイヤーを持つ手を返して折り込むとやりやすい)
6.両側に輪が2つ出来るので、その輪を内側に畳み込みます。
7.この時点で自然にくるっと丸まって収まります。

ワンタッチテントのたたみ方は、コツさえ押さえてしまえば1人でも簡単に数分でたためるようになります。
でも、慣れないうちはやっぱり四苦八苦してしまいますよね。
なので、最初は二人でテントをたたむようにして、何回か繰り返すうちにコツがつかめて慣れてきたら一人でワンタッチテントがたためるようになります。

ワンタッチテントのたたみ方ってどうするんだっけ?コツを押えれば簡単のまとめ

 

ワンタッチテントのたたみ方ってどうするんだっけ?と、テントをしまうのにてこずる人がかな~りいるそうですよ。

ワンタッチテントと格闘しているのを見ても、ウチもあったよ~~わかる~~って思っても助けてあげられないというのが現状ですよね。

我が家もそのうちの一人です。

テントを使う頻度って低いので、テントをしまうのにあっちをひねり、こっちをひねり丸めるも、一発で簡単に広がってしまってやり直しなんて茶飯事でした。

でも、ワンタッチテントのたたみ方にはコツがいるコツを押えれば簡単にしまえるのです。

しかも、豊富にあるワンタッチテントのたたみ方は基本的に一緒だというのですから、コツを覚えておけば最後にはくるっと自然に収まるようになってくれますね。

ワンタッチテントのたたみ方のコツを覚えて、ゴールデンウイークや夏休みなどの長期休暇を楽しく家族で過ごしたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました